ドラゴンボールZの歌で一番かっこいいのは運命の日 魂vs魂だよね【超サイヤ人2悟飯】

「俺は俺を超えてくぜ!」
アニメDBZの悟飯のスーパーサイヤ人2覚醒シーンは原作を超えていたと思う。
改では名曲が使われなくてガッカリだったけどね。


今日は、ドラゴンボールネタです。




(;´Д`) アニメのドラゴンボールで、一番カッコイイ歌って何だろう、って話。




私はリアルタイムでDBZを観始めたのがフリーザ編の終わりだったので、


ほぼ人造人間編からの世代みたいなドラゴンボールファンでありますが。





(;´・ω・ `) 挿入歌としてダントツの出来だったのは、やはり「運命の日 魂vs魂」だったと思いますね。





この「運命の日 魂vs魂」が流れたのは、


人造人間編の終盤で、悟飯がスーパーサイヤ人2に覚醒するシーンでしたな。




悟空が完全体セルに降参し、悟飯なら勝てると確信して送り出すが、


悟飯は優しい性格のため、セルを殺すつもりで戦うことができなかった。




セルも、力を見てみたいと悟飯を痛めつけるが、うまくいかない!


業を煮やしたセルは、セルジュニアを使って、悟飯ではなくZ戦士たちを攻撃する。




セル
「自分の痛みで怒りが湧いてこないなら、仲間たちが傷つくところを見せてやる!」


「さっさと真価を見せないと、あいつらは死ぬ!」


「さあ、怒れ! 取り返しのつかないことになるぞ!!」




悟飯
「やめて・・。やめてくれって言ってるだろ・・!!」


「本当にボクにそんな力があるなら、それを出したい、あいつらをやっつけたい!!」


「でも、どうやって怒ったらいいのか、わからないんだ・・!!」




いよいよZ戦士たちの命の危機が迫るが、


サタンの協力も得て、首だけになった16号が悟飯に語りかける。





16号
「孫悟飯・・」


「正しいことのために闘うことは罪ではない」


「話し合いなど通用しない相手もいるのだ・・」


「精神を怒りのまま、自由に開放してやれ」


「気持ちはわかるが、もうガマンすることはない・・」


「オレの好きだった自然や、動物たちを・・守ってやってくれ」


「頼んだぞ・・悟飯・・」



グシャッ!!



セル
「余計なお世話だ。出来損ないめ・・!!」





(´;ω;`) と~きは~ みち~た~



(´;ω;`) おお メシア~ おお メシア~ら~





プツン




悟飯
「うぉああああーーーーっ!!!!!」





ここは、完全に原作の超サイヤ人2覚醒を超えてたと思うんだよなあ。





あの、悟飯の瞳の中に飛んでいる鳥の演出が泣けるんだ。



(;´Д`) 鳥=16号の想い、だよね?





17号
「何を見てるんだ、16号?」



16号
「お前たちが騒いだから、小鳥たちが去ってしまった・・」



17号
「小鳥・・?」





16号は、自然や動物たちを愛し、争いを好まない性格だった。


これは、実は悟飯と似ていたんだ。





(;´・ω・ `) 悟飯も、動物図鑑を読んだり、扉ページでカエルを触ったり、ハイヤードラゴンと仲良くなったり、動物好き演出がけっこうあったからね。





16号
「オレも闘いは嫌いだから、気持ちはわかる」


「だが、もうガマンすることはない」


「オレの好きだった自然や、動物たちを・・守ってやってくれ・・」





つまり、


「セルを殺さなきゃいけないから怒れ」


これではダメで、


「大切なものを踏みにじろうとする者に対して怒れ」

+

(そんな優しい人造人間の心が踏み潰されたことに対して激怒)


これによって、悟飯は最強戦士へと覚醒したわけですな。





悟飯の瞳の中に、小鳥が飛んでいる。


小鳥はそのまま、どこかへ飛び去ってしまった。


だが、16号の心は、たしかに、まだ、ここにある。





「闘いが嫌い、その気持ちはわかるよ」


「でも、あいつを倒さないと、すべてが終わってしまう」


「私が好きだった(もう消えるから過去形)自然や、動物たちを・・」


「どうか、守ってあげて・・」





誰かを殺すためではなく、


誰かを守るために、


最強の戦士、超サイヤ人2は生まれたのだ・・。





(´;ω;`) こいつは泣けるぜ・・!!





このように、アニメのスーパーサイヤ人2覚醒は伝説の名シーンだったと思うんだが。




ドラゴンボール改では、

なぜか、旧ブロリー映画のBGMに差し替えられてしまっていたんだよね。




DBZ世代のドラゴンボール改の視聴者
「改でも、運命の日が流れるはず! ワクテカ」




この期待が外れ、ガッカリした人も多かったんではないだろうか!?


私のことだが・・。




(;´Д`) 権利関係上とかで仕方なかったのかねえ~??


「運命の日 魂vs魂」は、超サイヤ人2悟飯のテーマの印象が強いけど。
歌詞を見るに、実際はセルゲームに挑むZ戦士全員の歌だったっぽいな。


「運命の日 魂vs魂」は、当然ながら超2悟飯のテーマなイメージがある。




(;´・ω・ `) 劇中で使われてますからな。




しかし、歌詞の内容的には、セルゲームに挑むZ戦士全員の歌っぽいよね。




「時は満ちた・・ おおメシア~ おおメシア~"ら"~」




(;´Д`) 救世主は複数いるらしいから、Z戦士全員のことだろう。





この曲が収録されてる「ヒット曲集13」の発売日が1992年12月21日で、


その頃のDBZは、セルゲーム直前で悟空と悟飯が精神と時の部屋から出てきた頃だったからね。





(;´Д`) ヒット曲集13が発売されて「運命の日」が世に出てから、アニメで悟飯が超2覚醒するまでは、半年も間が空いてたんだな。





実際、「運命の日」ってフレーズは、



原作漫画の


「地球はとうとう、運命の5の26日を迎えた」


ここから採られてるっぽいね。





(;´Д`) セルゲームの日が、「運命の日」なんですな、当たり前だけど。





実はこの曲の歌詞の内容は、


悟飯だけでなく、トランクスやベジータっぽい感じもあったと思う。




「誰もいない地球なんて嫌だ」


「愛の見えない星なんて見たくはない・・」


「・・絶対に!!」




この歌詞は、そのまんまのことをトランクスが言ってるからなあ。




トランクス
「オレはそんなもの見たくない」


「地獄のような未来は、もうたくさんなんだ・・!!」


「父さんを倒してでも! 絶対にセルの完全体化を阻止してみせる!!!」




(´;ω;`) 結局、トランクスの信念がベジータの性根を変えることになったのが泣けるんだよね。




さらに


「気を集めて、運命を飛ばせ・・!!」


この歌詞も、セルゲームのラストのカメハメ波対決に合ってるんだよね。





精神と時の部屋に入る前に、悟空がベジータに

「今度は一人だけで勝てる相手じゃない。おめえも解っているだろう!」

→

親子かめはめ波VS太陽系破壊かめはめ波の決着は、

ベジータの援護射撃が決め手になる。




アニメでは、ピッコロ、クリリン、天津飯、ヤムチャが横から援護し、


彼らがセルの気で吹っ飛ばされた後、


邪魔者がいなくなったセルが本腰入れようとしたところ、


ベジータの気弾が真上から降ってくる・・って流れだったな。





(;´Д`) 「みんなの気を集めて、運命を変えるんだ!」そんな歌詞が作中の展開とマッチしてますな!





これに悟飯さんを併せて考えると、泣けてくるよね。





トランクスが人造人間編のスタートの最重要人物だけど、


最初に闘いを始め、トランクスに思いを託したのは、師匠の未来悟飯だった。




未来悟飯が父・悟空への敬愛の想いをトランクスに語っていたからこそ、


トランクスも「お父さんに会いたい」そう言ってベジータに憧れていたんだと思う。




そして、トランクスの想いが、


「家族など、どうなろうが興味ない」と言っていたベジータを変えた。





本来の歴史では、


悟飯も、ベジータも、Z戦士たちも、みんな人造人間に殺されてしまった。




では、本編世界では?


悲惨な未来を変えたいと願っていた、トランクスが来た本編の結末は?





時は満ちた・・。


おおメシアら、Z戦士。


おおメシア、孫悟飯。




メシアは、本来の歴史と同じように左腕をやられ、


右手一本で最後の戦いを迎えることになった。


そのままでは、勝ち目がなかった。




このまま、地球は滅んでしまうのか。


愛の見えない世界になってしまう運命は、変えられないのか。




メシアの弟子は言った。



「誰もいない地球なんて見たくない!」


「地獄のような未来は、もうたくさんなんだ・・!!」


「父さん。オレは、二度とあなたを死なせはしない」



彼の想いが、彼の父親を変えた。


家族に関心を持たないはずの男が、息子のために闘ったのだ。





人造人間の身ながら、大切な物を守りたいと思っていた16号の想い。


その16号の想いを悟飯に届けた後の義父サタンの、一般人代表としてのふんばり。


決死の覚悟で悟飯を守ろうとするピッコロ、クリリン、天津飯、ヤムチャ。


絶望の未来を変えたい、ベジータや悟飯の生きている世界が欲しいという、トランクスの願い。


そのトランクスの無念に報いようとした、ベジータの渾身の一撃。




さあ、行け! (この歌詞のフレーズは、たぶん悟空)




オレ(本編悟飯)は、オレ(未来悟飯)を越えていくぜ!!!





Wow.. Wow..


気を 集めて・・


運命を 飛ばせ !!!


この人造人間編のラストの流れ。


メチャクチャかっこいいし、泣けるじゃん?




「運命の日 魂vs魂」の歌詞は、


人造人間編のストーリーの最後にも、


やたらと合っていたような気がするんだよね。





・・と、いうことで。



ドラゴンボールの歌で最強なのは。




(;´Д`) やっぱり「運命の日 魂vs魂」だと思うんだよなあ・・!!





ドラゴンボールの考察!





ドラゴンボールの戦闘力談義!