陰性証明って会社に提出する必要あんのかな【コロナ感染】

そもそも、会社側も陰性証明の意味がわかってないことがある気がする。


2022年7月23日にコロナに感染して、はや2週間。



(´ω`*) 外出禁止期間も終わり、体力も82%くらいまで回復してきました。



(´;ω;`) メッキリ筋力が落ちた、回復するのに全身のタンパク質が消費されたっぽいな・・。




そして、ようやく職場に復帰したけど、同僚どもの反応はそれぞれだな。


マスクは当然お互いにしつつ、物怖じせずに



「お前がいなくて大変だったんだぞ!」


「どうでしたか? 大丈夫だった?」


「症状はやっぱり咳か? 家族は平気なの?」



こんな具合に、状況を聞いてくるやつら。




あるいは、感染したくない一心なのか、


絶対に目も合わせずに意地でも会話をしてこないやつもいる。




(;´・ω・ `) 気持ちはわかるから良いよ、こっちも話しかけない。



(;´Д`) 病気になると、自分が誰からどう思われてるか、ってのがわかる気がする。




しかし、やっぱり復帰に際して、必要なものがあった。



会社の総務おばさんが


「出社する前に、陰性証明をもらってきてくれ」


って連絡してきたんだが。




発症11日後にPCR検査を受けに行って、無事陰性だったのだが。


「陰性証明書ってありますか?」


と聞いたら、


「結果はスマホにメールしておくんで、勤務先にはそれの提示で充分だと思います」


と言われた。




実際、会社にはそのメールを見せたら


「大変でしたね、お疲れ様でした」


それでことは済んだんだが。




(;´・ω・ `) つまり、厳密には陰性証明ではなく、陰性だった結果がわかればいいわけだ。




なんか、企業側、特に中小企業あたりは、

「陰性証明」がナニカってことが、

あんまりわかってないのではないだろうか。




(;´Д`) 「陰性が確認できればなんでもいいです」ということにしないと、検査施設の手間が増えてしまうな。




しかし、もう一般的には


「発症翌日から計算して10日、かつ症状軽快後の待機期間が終われば、PCR検査は受けなくてもいい」


みたいな感じにはなりつつあるよね。




実際、統計的に発症10日後にもう感染力がほとんど0%になるなら、


PCR検査や抗原検査のキット絶対数や、医療スタッフさんたちの働きに対して、負担増になるのは間違いない。




(;´・ω・ `) あとは、人間心理の問題だな・・。




待機期間後、会社からPCR検査を求められて、


「厚生労働省や保健所的には、受けなくてもいいということになっている」


そういう流れになったとしても・・。




やはり、


「コイツ、まだウイルス持ってんじゃねえか?」


と思われるのはイヤだし。



自分でも


「元気になったけど、まだ感染してるんじゃないか、誰かにうつしたらどうしよう」


そうやって不安になる、ってのはあるよね。




家族に重篤化しやすい老人がいるとか、

逆に独り暮らしだから気を使う他者はいない、

あるいは職場が介護とかでジジババ相手、多数を相手にする接客業とか・・。

個別の事案もあるよね。




(;´・ω・ `) 心情的には、やはり検査をしたいものだが・・。




先述したように、もう治っているのに検査しに行くってことは、

PCR検査の施設や病院に負担がかかるということだし。




なにより、


本当に検査が必要な人の椅子を取ってしまっている、


ということにもなりかねないからなあ・・。





(;´・ω・ `) 「私はちゃんと陰性なのか?」心理的に、難しいところですな・・。