離岸流の恐怖!!カレントに流されないためには!?(サーフィン)

離岸流に初めて流された時はビビるよね。
・・誰もが通る道、か・・??

離岸流は恐ろしい。

サーファーからはカレントとも呼ばれている。



歴史上、このカレントのせいで何人の尊い命が失われたのだろうか。


サーファーだけじゃない。海水浴に来る人・・。

場合によっては、釣り人も犠牲になっているかも・・。



強いカレントのパワーは半端じゃなく、情け容赦なく沖まで流されてしまう。


「怖い?だったら海に入るなよ!」と言われるかもしれない。



そうなのだ。

実際にサーフィンを引退した人もいるんだ。



あるカップルは二人揃って流されてしまった。

そして、"岸が見えなくなった"という。

はるか彼方の洋上まで流されたのだ。



「運よくレスキューに見つからなければ、二人とも死んでた」

そして、笑顔で「もう海には行かないよ」と宣言したらしい。



死にかけたのだから、サーフィンを引退しても無理はないのである。

私のカレントデビューは鵠沼でした。
初心者は、波が無い時が危ない??

かくいう私も流されかけたことがある。

サーフィン初心者丸出しの頃、鵠沼に行った時だ。



あいにくとその日は波がなく、池みたいな状態だった。

(とりあえずアウトで待ってれば、そのうちセットが来るやろ)

そう思って波待ちしていた。



(カレントってのがあるかもしれないな)

当時は離岸流のことを存在くらいしか知らなかった。



(でも、こんだけ人がいるんだから平気だろ)

これが甘かった。




なぜかって?



私のまわりにいた集団は、全員が初心者だったのだ。

そして、全員そろって流されていた。




(あれ? ちょっと岸が遠い・・。ここカレントやんけ!)

ヤバイと思い、全力で岸へとパドルを開始した。


横にいた大学生くらいの兄ちゃんが、私の様子をみて

「うげっ!」みたいな顔をし、岸の方向へとパドルし始めた。


みんな考えたことは一緒だったのだろう。

まわりにいた連中は岸の方へ戻ってきた。



(これがカレントってやつか。怖いな・・!)


少しでも油断したことを、ひどく反省したのでした・・。

強力なカレントに遭遇した後に考えたこと、それは次の4つ。

流されかけて、海から上がった後。

流されないためには何が必要か、少し考えたのでした。


アタマに浮かんできたのが以下の4つ。

常識的なことだけど、書いてみる。



①パドル力


テイクオフや移動の時だけではない。

生存率を上げるため、身を守るためにも必要に決まってる。





②常に状況に気を配る


波がないからといってポケーとしてると、気付かないうちに流されている。


特に初心者のうちは波がない時が危険かもしれない。

容易にアウトに出れてしまうからだ。

私の場合がそうだった。





③周りをアテにしないこと


周りに人が波待ちしてて大丈夫そうでも、判断するのは自分自身と強く意識すること。

優しいサーファーは「ここカレントですよ!」と言ってくれることもある。

でも、自分の身を守れるのは、基本的に自分だけなんだ。





④「自分は絶対に命を粗末にしない」って認識


流されて帰ってこれなかったら、悲しむ人がいるってことを考える。

家族、友人知人・・。

泣かせたくない人の顔を思い浮かべてから、海に入る。

おおげさかもしれないけど、波にさらわれたらマジで死ぬから。



こんな心構えで、サーフィンやってます。

☆↓他のサーフィンネタ!!↓☆