過去にフリーザが第二形態に変身して闘った相手とは!?(ドラゴンボール)

フリーザは第二形態にまでは変身したことがあるらしい。過去にも戦闘力53万オーバーの強敵がいたのか??

このセリフについて考える。
たまには第二形態に変身していることがわかりますが・・。
その頻度は!?

引用:鳥山明『ドラゴンボール完全版 20巻 163ページ』
今日はドラゴンボールネタ、フリーザの変身についての考察です!


ご存知の通り、フリーザは変身する。



第二形態に変身する時は

「滅多にみられるものではありませんよ」


第三形態に変身する時は

「この変身まで見せるのは貴様が初めてだ!!」


・・と、おっしゃっている。



つまり「過去に第二形態までには変身して闘ったことがある」ということである。




じゃあ、その相手はどんなヤツだったのか?

・・っていうのが、今回のお話。

いまだかつて、フリーザは戦闘力12万以上の敵と対戦したことは無い。

結論から言うと、その相手の戦闘力は12万以下です。


なぜかと言うと・・。

最終形態のフリーザが「ギニュー隊長より強いヤツがいるとは思わなかった」と漏らしていました。



フリーザはナメック星に来るまで、ギニューより強い者には会ったことがなかったのでしょう。

そこから、「フリーザは12万以上の相手と闘ったことがない」ということがわかるわけ。



じゃあ、なんで第二形態に変身したのよ?

「12万以下の相手しかいなかったなら、いつもの53万で充分じゃん???」


と思うところ。



考えられる可能性は2つある。



まず一つ目。

例えば、5~10万くらいの相手が数十人くらいいたとしたら?

そういう状況なら、53万では少し面倒かもしれない。



むかーしむかし。

ギニュー特戦隊に匹敵する戦闘力を持つ集団がいた。

それも数十人規模で。

そういうシチュエーションなら、第二形態に変身する選択肢がある気がする。





二つ目は・・。


「敵がベジータみたいにクソ生意気なヤツだった」って状況。

戦闘力10万級の相手が、フリーザ軍に被害を与えて、スカウトにも応じなかった。



それどころか、フリーザに対して罵詈雑言を連発し、怒らせてしまう。

激怒のフリーザ様は、圧倒的な力を見せつけるため、第二形態に変身した。



そして、ジワジワとなぶり殺しにしてしまった・・という展開。

ようするに、第一形態でも充分なのに、気分で変身したということだ。



「かなり格下の相手がクソ生意気なので、遊びで変身して震え上がらせた後、殺した」ってことである。



ベジータ、悟飯、クリリン相手に変身したときと同じだな。

(;´・ω・) 怖いことである・・。



まあ、この2パターンのどっちかだろうね。

戦闘力10万以上の人物は、宇宙全体で考えると非常にレアである。

ちなみにトリビア。

ザーボンがフリーザも変身型の宇宙人だと知ったのは、アニメ版ではベジータ王の死亡直後なんだ。



ベジータ王がフリーザのワンパンで死んだ直後。

フリーザが「変身する必要もありませんでしたよ」とつぶやいている。

ここで、ザーボンはフリーザが変身型だと知ったと思われます!!



ともかく、フリーザはナメック星編以前に戦闘力12万以上の人物と会ったことはない。



だから、かつて第二形態に変身した理由は・・。


「45万の敵が出て苦戦しそうだった」ってわけではない。

「敵が60万で第一形態53万では勝てない」ということでもない。


・・と、いうことです。





こう考えると、戦闘力10万越えは宇宙規模では非常にレアな存在だと思われる(原作のみでは)。

銀河を荒らしまわるフリーザ様が、いままでたった一人(ギニュー)しか会ったことがない。


界王神やダーブラなどは天界や魔界の統治者クラスだし。

ブウ編の連中は異端中の異端とすると。



もうギニューの12万ですら、1000年に一人の逸材かもしれない。



しかし、1万を超えたサイヤ人が大猿になると、簡単にその域に到達してしまう。

万全なら18万になってしまう大猿ベジータという実例があるし・・。



そんなのが増え続けたら、そりゃ怖いわ。

「さっさと滅ぼしておこう」となるのもわかる気がする。

☆↓他のドラゴンボールネタ!↓☆