砕氷艦「しらせ」の一般公開。海上自衛隊の船に乗ってきました!!

砕氷艦「しらせ」で、横須賀港~晴海ふ頭まで航海することになった!!

横須賀港に佇む「しらせ」。
黒い煙が出てるが、当然、火事ではありません。
海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」。



南極に行く前に、一般公開とかをしているんだが。



縁があって、横須賀港から晴海ふ頭までの航海に乗っけてもらえることになりました。



9時半に乗船、原寸大のペンギンが飾られており、デカさに驚愕!

甲板には、物資の補給用のヘリが出されていた!



出航までにウロチョロし、トイレが色々な所にあったり、缶ジュースなどの自動販売機が1つだけあるという事実を調査。




そうこうしてるうちに、10時から出航!!

航海時は船がグラグラ揺れるのかと思ったけど、全然揺れなかった!!




万が一のために用意していた酔い止め薬も、けっきょく出番はなし!!



スピードは19ノットらしいが、すると時速35kmくらいだったのかな?

そもそも全開で動いてたのかは不明ですが!

10時に横須賀港を出航で、13時に晴海ふ頭に到着。ほぼ4時間の航海でした。

風の塔と海ほたるの間を通るしらせ。
アクアラインは使っても、普段は見る機会のない海ほたるの背後を拝見。
東京湾を航海中、船長席に座らせてもらったりしてご満悦のわたくし。



いちばんビビったのは、「授乳室」があったことだね。

ウロウロしてるとき、唐突に発見した。



「えぇっ!?南極で子育てするのか!?」

とか思った。




(;´Д`) < んなわきゃーない。




まあ、冷静に考えると、そこは医務室。

来客のために、その日だけ限定で授乳室にしてあるんだ。

一瞬、変なカンチガイをしてしまった!

風の塔と海ほたるの間を通ったり、レインボーブリッジの下を潜ったりして晴海ふ頭に到着。

航行中にも関わらず。
帰りの階段=タラップを用意してくれています。
私は高所恐怖症なので、なんべん生まれ変わっても彼らの作業は不可能!!
風もぜんぜん無く、海は穏やか。

それでも、曇り空で陽が照ってない10月の末は、やっぱり寒い。

途中で晴れてきて、暖かくなってきたけどね。




船内を見学して歩いてるときは暑い。

でも、甲板で座って休んだりするなら、やはり風を通さない上着は欲しいね。





普段、サーフィンで千葉行きによく使っているアクアラインを見ながら、風の塔と海ほたるの間を進んでいくしらせ。


その後は、レインボーブリッジの下を通り、晴海ふ頭へと着いて航海は終了!!



海上自衛隊のみなさんは親切でカッコよかったです。



あと、航海の後半あたりで、タラップの用意をしていた方々も!




あんな海の上で階段の脱着とか怖すぎるだろww

しかも、まだ船が時速30kmくらいで前進中やでww

落ちたらどうすんのwwww

私なら、天地がひっくり返っても不可能だわ!




(;´Д`) < 誰もやれとは言わない。




で、下船するときに階段が一つしかないから30分くらいかかったww

立ちっぱなしで疲れていた時にこれは少しキツかった!



今後、参加する予定で体力が人並以下と自負する人は・・。

イスとかあるから、こまめに座って休んだほうがいいかもね!

第61次の南極行き。しらせ、5か月間がんばってね!!

晴海ふ頭についた「しらせ」。
この後、しばらくして南極に出発するらしい!
無事に晴海ふ頭についたが、こんなのは序の口にすらならない?

しらせの南極への出航は、2019年11月11月のようだ。




全工程で5ヵ月の150日ほど。

そして、全体の1/3はほぼ洋上にいるらしい。

南極にたどり着くだけで50日くらいかかるから・・。




私のような一般ピープルには、まったく想像も付かない任務だ!!



もう、しらせも隊員さんたちも、無事に帰ってきてください!!

としか言いようがない!!!


('ω') < がんばれー!!!