芙蓉の花が咲きました。秋の季節の楽しみの一つだな。

酔芙蓉の花がキレイです。
でも、樹自体のお手入れが大変なの!!

秋になって、庭の酔芙蓉の花が咲き始めた。


休みの日、コイツを見ながら一杯やってしまいました。




(^ω^) 昼間からな。




これから、次々と咲いていくんだが・・。


栄養が行き渡らないのか、ほとんどがつぼみのまま落ちてしまうんだ。




(;´・ω・) もったいないが、咲かせたい枝は吟味して切るべきなのか??


(;´Д`) 栄養やったら、エライ高さまで伸びちゃいそうだしなー。





この酔芙蓉、異常に枝が伸びるのが早いので。


1年ほっとくと、2階すら超えてトンデモナイ高さまで伸びてくるのだ。





(;´xωx) 以前、台風で上半分が倒れ、片付けが地獄になった。





つまり・・。



家の為にも、花の為にも・・。


余分な枝や幹は、剪定しまくらないといけない!!




でも、酔芙蓉の樹って、病気に弱い気がする??




庭には他に、モミジとか椿とか銀杏、柿も生えてるのだが。


こいつらは枝を切っても、木工用ボンドを傷口に縫っておけばあまりダメージが無いみたい。




でも、酔芙蓉だけは枝や幹を切り落とすと黒ずんでくる!!


(;´・ω・) 生命力は強いが、病気には弱い樹なのかしら??




どうやったら、樹にダメージが無いように剪定できるのかな・・。


(;´Д`) 後処理が重要? コツが知りたいわ。

酔芙蓉の花の色が変わるのに気付いて、理由を調べた。

左の白が咲いたばっか、中央がつぼみ、右の赤が咲いて時間たったもの。
酔芙蓉の花って、色が変わるんだよな。


最初は白いのに、だんだん赤くなっていく。




日光を浴びるとアントシアニンが合成され、それが蓄積されると赤くなる。


これが酔っ払いみたいなので、酔芙蓉と言われてるんだって。




(;´Д`) 漢字は水芙蓉だと思ってたが、それだと別の花になるらしい。




赤くなるって、まるでコイツを見ながら酒飲んだ私みたいじゃないか・・。



花言葉は「繊細な美」「しとやかな恋人」「幸せの再来」らしいけど。


有休使って昼から酒飲んだ私は、どう考えても「繊細」でも「しとやか」でもない。



(;´・ω・) 幸せではある・・と思うけどね!

☆↓DIY・庭いじりネタ!!↓☆